忍者ブログ
どろどろな嫉妬心から、純粋な恋心まで。時に精神系になったりするかも。 この詩が、少しでも多くの人のこころに、届きますように。 (此処で使用している写真はお借りしたものです。転載禁止。持って行かないでください。)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

願わくば

ずっと

君と共に

時間という名の

牢獄で、




君を閉じ込めて

君に縛られて

(えいえんの、)

それでもよかった

きみと

ずっと居られるなら




遠い昔の

約束

君はいつ

思い出してくれるのかな




えいえんなんてない

わかっていたけれど

(ごめんね)

もう

終わりにするから

すべてを、
PR
すべて

知った君は

何を思うの



いま

君には

何が見える?

君の進むべき

道が

みえる?






君の

眼に

愛は

視えますか

守り抜きたい

こころが

純粋なきみだから

守り抜きたい

だからぼくは

このいのちを

懸けても、




あの日

繋いだ手のひらの

体温が

忘れられない




別たれてしまった

きみと

あゆむはずだった道

つないだ手を

振りほどいて

ぼくは

きみとは違う道を

歩き始める





きみが

くるしんでいるのに

なにも

できなかった

なにも、

しなかった
きみが居れば

なにもいらない

―――世界でさえも





きみのために

ぼくはいきる

きみのために

ぼくはたたかう




いつか

きみを

迎えにゆくよ

(だから)

(そのときまで)

(まっていて)




透き通るような、結晶

これは、きみ?

それとも、

ぼく?

何度も

繰り返される

運命の輪

巡る巡る

後悔の旅






まぼろし

フィルターを取り去ってしまえば

真実が

視える




暗雲

嵐吹きすさぶ

今日という日に

閉じ込められる






たとえ

この翼が

折れたとしても

僕は

飛びたとう

君の待つ、

時間へと
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
応援。
>>ジョーカーの国のアリス。

応援してます^^
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
悸流
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵を描く・詩を書く。
自己紹介:
管理人(悸流)の詩中心のブログです。
暗い詩や自嘲的な詩も書く事があるかもしれませんので、注意です。
アニメ・漫画が大変大好きなので、苦手な方は一応気をつけて下さい。
当たり前ですが、こんな詩でも著作権は放棄しておりません。

※コメントへの返信について
これまで、コメントで返したり、返信機能を使用したりとバラバラでしたが、これから(2010年)はコメント欄より返信させていただきます。(返信機能だと、返信したことが分かりづらいので。)
About Link
◆一応リンクフリーです。
◆管理人:悸流
◆url:http://kimiboku.blog.shinobi.jp/

◆バナー(お持ち帰りでどうぞ。)
/

バーコード
ブログ内検索
評価
ランキング等
にほんブログ村 ポエムブログへ
blogram投票ボタン
みんなのプロフィール に参加中!
  登録/編集   アクセスランキング  
ぱちぱち! 拍手。
参加してます。良いな、と思った詩があれば、ポエムブログバナーをぽちりとお願いします。 拍手は猫さんをぽちりとお願いします。(返信必要な方は*を文末に。)
アクセス解析
あし@

忍者ブログ[PR]