忍者ブログ
どろどろな嫉妬心から、純粋な恋心まで。時に精神系になったりするかも。 この詩が、少しでも多くの人のこころに、届きますように。 (此処で使用している写真はお借りしたものです。転載禁止。持って行かないでください。)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

失いたくない

もうあんな思いをするのは

もう、嫌だ

それなのに

それなのに

失うかもしれない

そんな状況を

目の前に突き付けられて

僕はただ、狼狽する




永遠の別れ、

そんなもの

いつか絶対くるものだと

知っている

知っているから

僕は君の後を、
PR

あのとき

きみのそばに

いてあげられたら

きみは

きえずにすんだかな



もえてゆく、

もえてゆく、

もうにどと

きみのおもさを

かんじることは

ないのでしょう



(きみははいになりました。)

(きれいな、しろい、はいに。)


きみにあいたい

きみにあいたい

いまだに

きみをしばりつける

呪縛

 


君は

白い

白い

骨になった




それでも

きみにそばに

いたいのに

みんなが

邪魔をするんだ

たとえ

この気持ちが

創られたものだとしても、

ぼくは

また

きみをすきになるよ




手が透ける

終わりの証

最初から

わかっていたこと

それなのに

頬を伝う

これは

データ?


---Delete---



すべてが

いらないデータになり

ごみ箱は瞬く間に

破損データで埋め尽くされて

ひとつふたつみっつ

壊れてゆく音の情報

少しずつ

欠落していくのは

いつか芽生えた

エラー(感情)なのかな

ぼやける視界

そろそろ時間がきたみたい

90%消去され

それでも

きみを思う










最後

消える瞬間

見たのは

きみの

泣き顔

(ああ、)

(   ま す た ー   )

消去されてゆく

データ

感情

記憶

情報

それでも、

残る

きみとの

おもいで












いつか

時は流れ

ぼくの存在も

きっと

忘れ去られるだろう

実体もなく

0と1に変わり

なにもかも

ゴミになったぼくは

ひとり

バラバラになった

データをかき集め

回路の奥へ

溶けた
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
応援。
>>ジョーカーの国のアリス。

応援してます^^
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
悸流
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵を描く・詩を書く。
自己紹介:
管理人(悸流)の詩中心のブログです。
暗い詩や自嘲的な詩も書く事があるかもしれませんので、注意です。
アニメ・漫画が大変大好きなので、苦手な方は一応気をつけて下さい。
当たり前ですが、こんな詩でも著作権は放棄しておりません。

※コメントへの返信について
これまで、コメントで返したり、返信機能を使用したりとバラバラでしたが、これから(2010年)はコメント欄より返信させていただきます。(返信機能だと、返信したことが分かりづらいので。)
About Link
◆一応リンクフリーです。
◆管理人:悸流
◆url:http://kimiboku.blog.shinobi.jp/

◆バナー(お持ち帰りでどうぞ。)
/

バーコード
ブログ内検索
評価
ランキング等
にほんブログ村 ポエムブログへ
blogram投票ボタン
みんなのプロフィール に参加中!
  登録/編集   アクセスランキング  
ぱちぱち! 拍手。
参加してます。良いな、と思った詩があれば、ポエムブログバナーをぽちりとお願いします。 拍手は猫さんをぽちりとお願いします。(返信必要な方は*を文末に。)
アクセス解析
あし@

忍者ブログ[PR]